HOME > 本日も子供食堂日和 > 幼稚園の母の日プレゼントにもやもやするおかあさんいますか?

本日も子供食堂日和

< ふつうを疑っていけ!  |  一覧へ戻る  |  オトナからこどもへ、してあげられることを考える >

幼稚園の母の日プレゼントにもやもやするおかあさんいますか?

こんにちは。きたぞのゆみです。


母の日や、クリスマスに
息子が幼稚園で作ってくれたプレゼントに
もやもやするのはわたしだけでしょうか?


とてもかわいくって綺麗なんだけれども、
どう見たって息子じゃなく先生が作ってくれたに違いない
プレゼント。


いや、嫌じゃないんですよ?嬉しいんだけど
なんだか私の心はもやもや・・・。



だって、これ、先生が作ったものでしょ?
息子が作ったわけじゃないじゃないですか?なのに
「あゆむくんが一生懸命頑張って作ったんですよ〜!」って
先生がアピールするの、よくわからないのですが???


私だけかもしれないのですが、
ぐっちゃぐっちゃで出来上がりが何かわからなくても
息子が作ってくれたものが私は嬉しいんです。



だって、5歳児なんだもの、
そんなに何かをうまく作ることはまだまだ出来ない時期。



もちろんプレゼントだから綺麗なものがいいに違いないけれど、
だからと言って先生が作ってくれたものじゃなくてもいいよねって
思ってしまうんですよね。


私がへそ曲がりだからかもしれませんが
これ、誰のため?って思うんです。


綺麗にできたプレゼント、
先生が作ったプレゼントを
「子供が頑張って作ったプレゼントです」って
子供の前で親に渡すってなんだかすごく


不自然さを感じませんか?
私だけでしょうか?


もし、子供がうまくプレゼントを作ることができないのなら
もう少し簡単なものを作るとか、
出来上がりがよくなくてもそれでよしとするか、
そもそもうまく作れないのは子供にあっていないことを
しているのかもしれないよねって思うのです。


おかあさんのためにって言って実は
子供さんは園でこんなことができるんですよ〜。
すごいんですよ〜。



そんな風に子供を育てることができている
私たちってすごいんですよ〜!!



といっているように感じてしまうのです私。


遠回りに評価を得たいという親への顔色伺いが見えて
そういうのはなんだか嫌なのです。


わたしは、
息子を自分の評価のために使われるのが嫌だったのねと
今気がつきました!



できたことに対しての評価も大事だと思いますが
その過程であったりを評価することも同じくらいに大事
だと私は思います。
それが、先生の思う基準からずれていたとしても。


モンスターペアレンツとか言われたくはないけれど
息子手作り(実は先生が作っている)プレゼントを
受け取るたびになんとなくもやもやしてしまう

私なのでした。














< ふつうを疑っていけ!  |  一覧へ戻る  |  オトナからこどもへ、してあげられることを考える >


このページのトップへ