HOME > 本日も子供食堂日和 > アーカイブ > 2017年8月

本日も子供食堂日和 2017年8月

こども食堂の理想と現実

こんにちは。きたぞのゆみです。


こども食堂を始めたい!
もう始めました!


最近は、こども食堂がだいぶ認知されていて
広がりを見せてきているようです。

私は去年「全国こども食堂サミット
参加したのですが

無料だったということもありますが、
300名の定員がすぐいっぱいになり
立ち見がいるほど。

そして、今現在活動をされている
かたの生のお話を聞くことができました。

ほとんどの食堂が月に2回程度
ボランティアさんに支えられて
なんとか赤字を出さずに
継続されているとのこと。


こども食堂を作るということは

「飲食店を経営するということ」


私は、こども食堂をつくりたいと思っています。
が、その時だけで終わらせたくありません。

私の願いは
「私の思いがずっとずっと形を変えても
そこに残ること」


こどもひとりで安心して食事ができるところ。
そこに行けば誰かがいて、美味しいご飯を
食べることができて、

「今日は、いってみようかな?」

そう思った時にいつでも開いているところ。

思いはとても大切ですが
こども食堂を継続させていくためには
「経営」していかなくてはいけません。

飲食店の50%が2年以内に廃業
10年生き残る飲食店は一割
言われているそうです。

そんな弱肉強食の業界に
金もコネもツテもない
業界の経験すらない私が
参入して大丈夫なんだろーか?

・・・・汗


これから、こども食堂を作るために
私がまずしないといけないことは


「私にしか作れない価値」
確立すること。

叶えるためにはまずできることから!
すぐにできることではないけれど
私の持つ思いを、
待っている誰かに伝えるために。


今はない価値をこの世に作り出すこと
私にとってのビジネスなのかもしれません。









「本日もこども食堂日和」ブログはじめました。

初めまして、千葉県船橋市の
はぐくみ力とさずかり力を高める
おかあさんパーソナルトレーナー
きたぞのゆみです。

私には、夢があります。


それは
「こども食堂を作ること」


最初は、
こんなこと考えていなかったんですけれどもね。

最初は、お母さんがこども連れで来れる
パーソナルトレーニングジムと
保育園と、オーガニックのレストランを
併設した施設が作りたい、

なんて思っていたんですが

なんせ金がない(笑)

保育園は補助金がもらえても
人員を確保するのが難しいし

レストランも本当に一から作るとすると
ン千万はかかるし。
(保育園も同様)

箱物はとにかく人とお金がかかる!
という現実・・。

金もない、コネもない、ツテもない。
そんな今の私にできることはなんじゃろな?

そう思っていた時に
「こども食堂」というものを知りました。


私、今でこそパーソナルトレーナーを
していますが、元々は福祉の世界で
ケアマネージャーなどをしていました。

そこで一緒に働いていたおかあさんたち。
圧倒的にシングルマザー率が高かったのです。

離婚だってシンママだって今は別に珍しくは
ないけれど、

みんな食べていくのに必死で、
こどもが大きくなってくるにつれて
重くのしかかってくる食費、学費に
悩む毎日。

身綺麗にしていても洋服すら買うことができず
いつもお腹いっぱいに
食べさせてあげることもできない・・・。

そんな風に悩んでいるおかあさんたちが
多かったような気がしていました。


人ってね、お腹が減っていては
何にもできないし、しようとも思えないでしょう?


私にできることはなんだろう?
そんな思いがずっと心のどこかにあったのかもしれません。


私がやりたいことは、
弱者を助けること。



ほんの少しだけ手を貸してあげれば
自分で立って歩くことができる、
その気持ちと能力を持つ人たちを
助けてあげたい。


それにはまず、食べることから!
それに、こども食堂はぴったりだったのです。


でも、私には
金もコネもツテもない。
でも、こども食堂は作りたい。



そのために今の自分にできることは
なんだろう?


そうだ!情報発信しよう!


ということで始めたのがこのブログです。


私が実現したいことは
毎日開いていて、こどもは毎日タダでご飯が食べられる、
そんな食堂を作ること。



こどもが空きっ腹を抱えてしょんぼりしているなんて
そんなの一人の母として考えるだけで涙が出ちゃう・・。


夢を夢で終わらせないために
同じ思いを持つ人に一人でも多く
読んでいただけるように。



不定期ですが発信していきます。
では、また!


1

« 2017年7月 | メインページ | アーカイブ | 2017年9月 »


このページのトップへ