HOME > ブログ > 女は恥ずかしさを超えて強くなる。私の妊活体験記その3

ブログ

< ああ、お金が飛んでいく・・・。私の妊活体験記その2  |  一覧へ戻る  |  ざずかるのはムリ?私の妊活体験記その4 >

女は恥ずかしさを超えて強くなる。私の妊活体験記その3

さずかり力とはぐくみ力を高める
おかあさんパーソナルトレーナー
キタゾノユミです。


内診の痛みと、続く出費に怯えながら
やっと、採卵日になりました。


採卵の当日は、軽く剃毛などの
処置を受けて、ほぼ全裸で採卵します。


採卵の時の診察台?はとっても殺風景で
平たくて、冷たくて、がらんと広くて
そこに、裸のまま横たわり、
先生が来るのを待つのです。


私が通院していた病院は産科も併設していて
ご夫婦で医師として
病院を切り盛りしていらっしゃったのですが、


運の悪いことに、
私が通院していたその時は
女医の奥様が妊娠中でお休み中だったので
医師は一人。


なので、産科でお産が始まると不妊科の
診察はストップしてしまうことはしょっちゅうでした。


そして、採卵が看護師さん、エンブリオロジスト(男性)の
見守る中始まる・・・はずでした。


実は、その前にお産が始まっていたようで、
しかも、その日は新人の看護師さんが
勤務していて、なんだか慌ただしい感じが
私にもわかるほどでした。


先生は、
その新人看護師にちょっとイライラしていたようで
膣鏡もいつもより荒っぽく広げられ
「先生、痛いです・・・。」
と私が訴えるために頭を動かそうとすると


「うごかないで!!!」と
看護師さんから手足を動かないように固定され
てしまいました・・・。


そのあと、産科から呼び出された先生は
新人看護師にイライラしながら
膣鏡を挿入したまま行ってしまったのです。


それから5分たっても先生が帰ってこないので
看護師さんも心配して様子を見に行ってくれたのですが
処置台に私一人、取り残されてしまいました。


痛いし、冷たいし、裸だし、一人だし。


初めての採卵で、こんな状態になるなんて・・。
なんだか、泣きたい気持ちになりながら
ただ我慢するしかありませんでした。


その後、先生は来が来て、局部に麻酔を打ち
(これも痛い!けどすぐ痛く無くなります
麻酔だから。)
そこからはあっという間に終わりになりました。


その後は、1時間ほど病院で安静にしたのち
帰宅へ。


そして、取り出された卵子は
無事、受精卵になり体外受精へ!


採卵は、もうこれ一度きりにしたい。


その時の私はただそれだけ思っていたのでした。



つづく。




===================
LINE@でお友達になりませんか?

https://line.me/R/ti/p/%40lqe7791j

 
パーソナルトレーニングジム
ネニュファーホームページ
(鹿児島県、吉野町の自宅ジムです)
http://www.kitazono-yumi.com

*鹿児島市、霧島市、姶良市、いちき串木野市、日置市、
垂水市からもお越しいただいています。

*お子様連れ歓迎します。


最寄り駅:日豊本線 鹿児島駅、鹿児島中央駅
(駅から送迎いたします。*要事前連絡)

*駐車場あり(1台)

*姶良町、蒲生町、吉田町、伊集院町から車で30分

トレーナープロフィール
http://www.kitazono-yumi.com/trainer/

お問い合わせはこちら
http://www.kitazono-yumi.com/inqfm/general/

ご予約はこちら
https://nenupher.reserven.jp


ブログにご訪問ありがとうございます。
たくさんの感謝を込めて。



















===================

 

      LINE友だち追加はこちら
      友だち追加


自然に産みたい授かりたいあなたへこころも身体も軽くなる9日間無料メールレッスン
産んで、愛されて手放せない妻になる9日間無料メールレッスン

< ああ、お金が飛んでいく・・・。私の妊活体験記その2  |  一覧へ戻る  |  ざずかるのはムリ?私の妊活体験記その4 >


このページのトップへ